鎌ケ谷市議会議員 針貝かずゆきの市政日記!

今、鎌ケ谷市でなにが起こっているのか!? タイムリーな話題を最速アップ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総務常任委員会にて会津若松市および郡山市の先進事例を視察しました

10月24、25日、鎌ケ谷市議会総務常任委員会にて先進市の視察を行いました。今回は24日に会津若松市、25日に郡山市でした。

24日の会津若松ではプラチナ社会を提唱する東京大学前総長・小宮山宏氏を中心に、そのお仲間の第一線で活躍する講師を招き、会津において人材を育成するという、未来人材育成塾を視察しました。

中学生72名を全国から集め、4泊5日で集中研修をする。講師陣は明石康・元国際連合事務次長、徳川恒孝・徳川宗家第18第当主、白川方明・全日本銀行総裁など、歴々たる面々です。授業を聞いた後に、志を同じくする日本中から集まった同学年と語るのもまた有意義な時間であると思います。

これからの日本が打たなければならない一手に、人材育成は外せません。グローバル化により世界中が均一化の方向に流れるとき、国家の資質が問われるのは国民の質でありリーダーの質であると思います。本市ではここまで大規模な事業は困難だと思われますが、人材育成の観点から取り組むべき指針を視察して参った次第です。

会津には人材育成の歴史があります。江戸時代、人材育成の拠点であった日新館を視察しました。偶然ですが土曜に学んだ大正天皇の御製に「宜作日新人」という一文があり、日々職務に励むことを再確認した次第です。
写真は復元された日新館。
写真 2013-10-24 16 30 12



会津ではエコにも力を入れており、庁用車として完全電気自動車リーフを有しておりました。
写真は庁舎前の急速充電器。
写真 2013-10-24 16 01 26



25日の郡山市ではシティプロモーションについて視察しました。郡山市では震災以前よりシティプロモーションに取り組んでおり、知名度向上や活性化の計画を立てていました。しかしながら2011年3月の震災で負のイメージが付いてしまい、マイナスからの出発となってしまったとのことです。福島は震災以前、世界はもとより、日本の中でも知名度が低い県だったそうです。それが、震災以降は世界中がフクシマを知るようになりました。現在の課題は負のイメージをいかに払拭し、都市ブランドを高めるかということでした。そのために、がくとくん、というユルキャラを積極的に用い、イメージ向上に努めていると言うことでした。

がくとくんの妹にはおんぷちゃんがいます。むだなしくん一家を思い出しました。
隣でご年配の先生方は「がくとって聞き覚えあるなぁ」と仰っており、職員が「数年前の大河ドラマで上杉謙信役をガクトという俳優が演じておりました」と答えると、「ああ、学徒出陣だ。そんなこともあったなぁ」と懐かしそうに仰っておりました。
写真はユルキャラ=がくとくん
写真 2013-10-25 13 25 40





……………………………………………………………………………………………………………………

鎌ケ谷市議会議員 針貝かずゆき

Top

HOME

harikai

鎌ケ谷市議会議員 ご意見ご質問なんでも大募集! メールフォームにご投稿ください!

名前:
メール:
件名:
本文:

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。