FC2ブログ

鎌ケ谷市議会議員 針貝かずゆきの市政日記!

今、鎌ケ谷市でなにが起こっているのか!? タイムリーな話題を最速アップ!

12月議会における私の判断の理由説明

16日金曜日に府議案件及び陳情審査の決議がなされました。付議された議案5件に関しては全会一致で可決しました。

陳情は6件出されましたが、そのうちの二件を私は議会の議決と違う判断をしました。議会の判断の理由は議事録にも載るし、議会事務局に問い合わせていただければ分かるのですが、私が議会とは異なる判断をした理由は議事録等には載らないし、議会事務局も一議員の判断を答える立場ではないので、自らこの場でご説明します。

今回議会と異なる判断をしたのは、
陳情23-12-2自連協への市職員の違法兼務行為の差し止めに関する陳情について
陳情23-12-5防犯対策、防犯カメラ設置に関する陳情
の二件です。

陳情23-12-2自連協への市職員の違法兼務行為の差し止めに関する陳情についてですが、議会の判断は不採択。私は継続審査を主張しました。議会運営委員会の協議事項資料でも私の継続審査という立場は明記されています。議場での採決では退場という行為表明をしました。(委員会で継続が諮られない場合、議場では採択・不採択・退場のいずれしか表明できないのです)
では、なぜ継続審査にすべきかというと、本案件は監査請求が出され、また住民訴訟中の案件だからです。これまでも、係争中の案件に関わる陳情は継続審査にしてきました。議長にも口頭で、「本案件は係争中であるゆえ、不採択にするのは採択にするのと同じようにおかしい」と申し上げました。
この兼務に関する訴訟は二本出されており、兼務そのものを違法とするという訴訟は、前日の15日、東京高裁で棄却され最高裁に上訴されるということです。また、兼務によって発生した損害賠償請求事件では、東京高裁が千葉地裁に差し戻すという判決を下しています。
裁判の結果次第では監査にかけられるものであり、兼務の当否、違法性の有無を調査する専門機関の判断を待って、それらを参考にした後、採否を決めるべきであるというのが私の意見です。

つぎに、陳情23-12-5防犯対策、防犯カメラ設置に関する陳情についてですが、議会の判断は不採択。私は採択の判断をしました。
陳情内容は三点ありまして、1・住民の意見を聞くこと、2・説明会を開くこと、3・設置箇所の再検討、です。
このうち、1と2の願意は満たされているので、議論は3の設置箇所の再検討ということになりました。私の9月議会の一般質問で、この問題をとりあげましたが、この設置箇所というのは県の補助金が入る故に、市が付けたいところに付けることは出来ない。ただし、協議はできる。といったものなのです。つまり、議会が再検討はならぬ、と言っても、県の意向で設置箇所を変えることが出来るわけです。該当自治会等に説明会をすでに開いたあとなので、現実的に他の場所に設置されることはないでしょうが、犯罪ヶ所の推移次第では、県警は柔軟に有効性を確認して変えることは充分あり得るし、そうあるべきだと判断し、本陳情に賛成の態度をとりました。

Top|Next »

HOME

harikai

鎌ケ谷市議会議員 ご意見ご質問なんでも大募集! メールフォームにご投稿ください!

名前:
メール:
件名:
本文:

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QR